東京臨海高速鉄道の駅


最近東京臨海高速に乗る機会があったので、その時つ いでに駅で鳴るメロディあたりを集めてきました。やっぱり、実体は京葉線の 一部だけにあらゆるところで JR 東日本な匂いが漂ってきました。例えば
車両
207系量産編成そのまんまです。さすがに前面とかはちょっと変えてい ますが。でも、案内表示のフォントが角丸ゴシッ クのような感じがします^^;
放送装置
列車接近音、列車発車時のメロディはなんか何処かで聞いたことのある ことの曲です。ちなみに鳴らす装置のボタンも 東京駅中央線ホームにあるものと同じような形をしていました^^;
なのに妙なところでJR東日本とずれているようです。気付いたところでは
JRとの直通切符が何故か駅の自動販売機で購入出来ない。
営団はあるのですが、何故なんでしょう。
車掌さんの職業意識を削ぐような体制
この某日は大きなイベントがあった関係から東京ビッグサイトから東京 テレポートまでを折り返し乗車をする不届きものが山のようにいたので、 ちょっと車掌さんに「車内で改札したら多分相当出ますね。何故出さな いのですか?」と聞いたら悔しそうな顔をして「本当はしたいのだけど、 車内補充券が制度的に無いからどうしようもない。シャクだけど」と言っ ておられました。
なんかこういうところにはJRというよりは(もちろんJRにもあ るかもしれませんが)なんか営団地下鉄を彷彿させるものがありました。 一言でまとめると、第3セクター経営の悪いところを集めた典型のような会社、 というのが合いそうです。そもそも会社が「コスト削減」という錦の御旗の元 にやる気を削ぐような状態なのですから^^;これは、末期 の国鉄とある点では似ていますね。

どんぶり勘定で大赤字で破綻必死の臨海副都心計画の ある意味では象徴ですね:-).

そうそう一つだけ営団・JRのどちらとも違う会社と共通している個所がありま した。

70-000系の車内化粧板
これが、南海の6000,6100,7000,7100とかで使用されていたものと同じ でした。 こんなところでとても懐かしいものに会えたのはとても意外でした。お そらくもう南海では車両更新が進んでいる関係から殆ど見ることは出来 ないと思われます。泉北高速の 100 系にはまだ残存し ているのですが、この車自体がもう過去帳入りを始めてますからね…

東京臨海高速で使用されている発車メロディ


東京臨海高速で使用されている列車接近音


2つ前にもどる
1つ前にもどる
Ueta's Home Page にもどる

Last modified: Sun Jun 5 11:33:04 JST 2005 by ueta@pixy.issp.u-tokyo.ac.jp

乗る機会
どういう機会だったかは問わないでください。年末とだけ言っておきま す :-)
発車案内を行なうボタン
前々から、ああいうボタンだから相当いたずらをする人間がいるはずな のに、どうして鳴ることがないのだろう?と思っていたのですが、あの メロディは出発信号機が進行になっていないと鳴らないということをこ こで知ることが出来て、この疑問は氷解しました。
もちろん…
一般に JR の乗務員の方々は非常に熱心に仕事をされていて感心するの ですが(例えば車内での精算、検札、無人駅での切符の回収など)、去年 の今頃ある地区で、全く無人駅での切符の回収をしようとしない乗務員 を見掛けてしまった時は少々残念でした。ちなみに、この地区では不思 議な事に「禁煙」表示がしてあって灰皿の撤去された車両なのに、煙草 が平然と吸われていて、さらに車掌さんは「ここは禁煙区間じゃない」 とか言って何の車内放送もしなかったことも印象に強く残っています。
末期の国鉄
その割には社員を新品のレールに塩水を掛けて駄目にさせるとかいう意 味不明な仕事に従事させたり、その意味不明な仕事にそれまで首都圏で 勤務していた社員を追いやったために、地方から充足社員を呼んできて、 その教育に随分時間を裂かれていたりとか、単に役所では説明しにくい 点がいくつも見られたりはしてましたが。
(2005/06)その後、葛西氏、角本氏、宗像氏の著書を読む機会があった ので、ちょっと追加します。
なんというか、国鉄というのは一部に、どうしようもない部分があった のが事実のようですね。「腐ったリンゴ」という言葉がありますが、ま さにその通りで、その一部の部分が、会社全体の活力を奪っていった。
さらに良く良く見ていくと、悪いことに政府が "リンゴ"の置き場所を変え ておくべきときに、"リンゴ" をつめ、"リンゴ" の管理者を結果的に追 い込んだ。そのうち、腐った "リンゴ" が、周りに害悪をもたらすよう になったときには、すでに運搬の手段が無くなり、ただ "リンゴ" が悪 くなるのを見ていくしかなかった。
レールの馬鹿話とかは、その悲劇的なまでの喜劇による最後の歪なんで しょうね、
分割民営化 18 年目にして、国鉄を継承した組織は色々な様相を呈して きたようです。その歪を乗り越えようと、妨害を乗り越えながら金を使 い、本質安全の達成と歪解消を一気に実現しようとしていっている会社 もあるかと思えば、歪を国鉄的に "解消" しようとする会社(そのうち、 ある会社は、結果的に重大な損失を被ることになってしまっています) があるようです。
いずれにせよ、「国鉄」という存在が背負わされた負の部分が、21世紀 の早いうちに解消するよう願うばかりです。
角丸ゴシック
とうとう、TTフォント化に向かって「国鉄書体補完 計画」が動き始めたようです。期待大ですね。
破綻必死の…
なんか臨海副都心で事務所を貸している東京都の第3セクターの企業の 経営とか、竹芝再開発地区で事務所を貸している第3セクターの経営か なり凄まじいですね。年間赤字が十億以上累積されていっているとか。 このまま事態が何も好転せず、結局前都知事の失敗を結局都民が厚く広 く負担することになるとかいう最悪の事態だけは避けて欲しいものです。
なんだかんだ言って評価される遺産を残した美濃部さん、一方何を残し たの?と問われれば(使いにくい、悪趣味な)都庁という鈴木さん。鈴木 さんは美濃部さんの葬式の時に「あなたの評価はまだ定まっていない」 というようなことを仰られたそうですが、はたして鈴木さんの時はどう なるんでしょう。

そうそう、赤字の第三セクター企業、なんでも自己資本金よりも多額 の債務を抱えている関係から合併さえ出来ないとか…。もう断末魔で すな。

70-000系
まさか開業予定が「昭和70年度」だから70-000系というようなことは無 いですよね…